もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

しずかでにぎやかなほん」 大人が読んだ みんなの声

しずかでにぎやかなほん 作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:レナード・ワイズガード
訳:谷川 俊太郎
出版社:童話館出版
本体価格:\1,400+税
発行日:1996年
ISBN:9784924938618
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,539
みんなの声 総数 16
「しずかでにぎやかなほん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 音は静かで・・・絵は賑やか

    絵がとっても明るくてはっきりしていてとても賑やかだと思いました。

    静かな音がなんなのか気になって仕方ありません。

    想像をめぐらせて先を急ぎたくなります。

    先へ先へととても愉しみになって答えが知りたくなりました。

    「昇ってくる お日さま」

    朝寝坊の私には、なかなか縁がなくて、なんだか損をしているような気

    持ちになりました。

    明日は、私も朝早起きして「昇ってくる お日さま」を拝んでみたくな

    りました。

    掲載日:2011/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「きこえる きこえる」の前身でしょうか?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    マフィンがいた!!
    カバー絵が似ていたので、もしかして、と思って開いてみたら、「きこえる きこえる」シリーズの主人公犬のマフィンが、ここにもいました!!

    マフィンのデッサンを見る限り、この絵本が「きこえる きこえる」の前身ではないでしょうか?
    この絵本の中で聞こえてくる音はかすかなもののようで、最後のページに行きつくまでのなぞかけ(問答)が、面白かったです。
    1ページ1ページのレイアウトもとても凝っていて、
    書かれている音のイメージに合った、幾何学的な形の上に文字が載っていたりして、遊び心も満載でした。

    絵的に一番ウケたのは、牛がみどりのペチコートを着ているシーン。
    ページをめくった途端、笑っちゃいますよ。
    最後のページがまたいいです。

    「それは
     あたらしい いちにち」

    掲載日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「しずかでにぎやかなほん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「あかちゃんといっしょに作ったあかちゃんのための絵本」創刊記念インタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット