サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだいの試し読みができます!
文: ロリ・エベルト 写真: ペール・ブライハ−ゲン 訳: なかがわ ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
サンタクロースに会いに行こうと旅に出る、小さな女の子オンヤ。美しい写真でつづる、クリスマスの素敵な出来事を描いた1冊です。

ヤンメイズとりゅう―中国の再話」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

ヤンメイズとりゅう―中国の再話 再話:松居 直 関野 喜久子
絵:譚小勇
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1994年
ISBN:9784834002454
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,768
みんなの声 総数 7
「ヤンメイズとりゅう―中国の再話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 辰年に

    辰年の今年、龍・ドラゴンにちなむ本が展示されていてその中で見つけたものです。

    福音館書店の昔話というと、読んでいない本でもこんな本があるということはある程度把握していたつもりだったのですが、この本の存在は全く知りませんでした。しかも、再話のお一人は松居直さんなのに。

    龍にさらわれるシャオホンメイというお姉さんが鍵だし、不思議な存在だなあって思います。

    さらわれる時に、自分を助けられるのはまだ生まれていない弟というのは、このシャオホンメイは予知能力があったのでしょうか。

    生まれてきたヤンメイズというのも桃太郎のような男の子。連れ去られた弟を助けるという逆バージョンの『マーシャと白い鳥』のような昔話を連想しました。

    こちらの昔話の方が古いのかもしれませんが、いろんな昔話の要素が感じられ、また龍を退治ということでスケールの大きな昔話だなあと思いました。

    掲載日:2012/02/13

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ヤンメイズとりゅう―中国の再話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / くだもの / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



飛行屋のマーカスが大活躍!ワクワクドキドキの冒険

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット