雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…

どんぐりぼうやのぼうけん」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

どんぐりぼうやのぼうけん 作・絵:エルサ・ベスコフ
訳:石井 登志子
出版社:童話館出版
本体価格:\1,400+税
発行日:1997年
ISBN:9784924938854
評価スコア 4
評価ランキング 18,200
みんなの声 総数 14
「どんぐりぼうやのぼうけん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 森の妖精たちの冒険。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子11歳

    森の中に、こんな妖精たちが住んでいるのかと想像するだけで、
    ワクワクしてきます。

    どんぐりぼうやのオッケとピレリルが、
    かしわの葉でひこうきごっこをしていると、
    森の外まで飛ばされてしまいます。
    落ちたところは、せんたくしたばかりのひげの山の上。
    お陰で、4人のおばあさんにしかられ、
    お手伝いをすることに。

    一方、行方不明となったどんぐりぼうやたちを、
    ハシバミのヌッタとリスのスバンスが、探しに出かけます。

    次々と木々の妖精や小動物たちが登場し、
    次から次へと冒険の物語が進んでいきます。
    その豊富な物語に添えるような繊細で素敵な絵が、
    また、想像力をかきたててくれます。

    冒険を終えて帰ってきたこどもたちに、
    リスのスバンスに、かえり道、ずっとしかられていたと聞かされた
    おかあさんは、
    「そう、それじゃ もういいわ。たすかったわ。
     子どもをしかるのは、一ばんいやなことですものね。
     いろいろ ごしんせつにしてくださってありがとう、スバンスさん。
     下のあいている部屋を、すぐにでも おつかいくださいな。」
    という台詞が印象的でした。

    妖精や動物好きのお子さんにおすすめ。
    絵本としては、登場人物も多く、少し長めのおはなしですから、
    長いはなしでもしっかり聞ける4,5歳ぐらいから、
    一人読みできるお子さん向きだと思います。

    掲載日:2011/10/08

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「どんぐりぼうやのぼうけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(14人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット