もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

はちうえはぼくにまかせて」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

はちうえはぼくにまかせて 作:ジーン・ジオン
絵:マーガレット・ブロイ・グレアム
訳:森 比左志
出版社:ペンギン社
本体価格:\1,200+税
発行日:1981年
ISBN:9784892740169
評価スコア 4.8
評価ランキング 275
みんなの声 総数 59
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 面白い!

    どろんこハリーが大好きな息子に買ってあげたところ、
    見事にハマった絵本です!

    夏休みにどこにも連れて行ってもらえないトミーが、
    次から次へと植物を預かってくるサマが、息子はとっても面白かったみたいです!

    ただ預かるだけじゃなく、きちんとお手入れまでしたトミー!

    途中家中が緑でいっぱいになる様子を見て、なぜか息子は大受けしてました!!

    自分で請け負った事は責任を持って果たす!という事を、
    この絵本を通じて学べると思います。

    掲載日:2010/01/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自主性を育む

    どろんこハリーの作家さんの絵でした
    夏休みだけどお父さんが仕事なトミーの家は
    どこにも出かけないので
    バケーションにだかける近所の人達のはちうえを
    あずかって、変わりに世話をする事にしました
    設定が海外ですね
    でもすごい思いつき
    自分で工夫して独自な事が出来るってすごいなって
    思いました
    最後はハッピーエンドでよかった☆

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分で考えるちから

    夏休み、お出かけの予定がなくて近所の人の鉢植えを預かるとこにしたトミー。小学生低学年くらいでしょうか?
    もし、息子が同じようなことをしたら、「返してきなさい」と言ってしまいそうですが、この絵本の両親は文句を言いつつもトミーのやりたいようにさせてあげています。
    トミーは鉢植えの特性を理解し、一生懸命お世話します。
    時には夢にうなされながらも、自分で調べ、工夫し、一つの仕事をやり遂げる姿はとっても頼もしいものです。
    子育てしていくうえで、子供の話を聞き、興味を伸ばしてあげる、時には余計な口立ちをせず、見守ることの大事さを実感させられました。
    息子も読み聞かせは最後まで飽きることなく聞いてくれましたが、内容を理解するのはもう少し大きくなってからかな。
    少し植物に興味をもってくれたようです。

    掲載日:2015/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • トミーのようにたくましく

    お父さんの仕事が忙しいので、夏休みにどこにも行けないトミー。
    そのかわり好きなことをやっていいと言われ、留守中に鉢植えをあずかるプラントシッターをすることを、勝手に決めてしまいます。

    すくすく育つ植物の中で食事をしたり、お風呂に入ったりは楽しいけれど、
    お父さんは気に入っていない様子。

    そこで、トミーは、図書館へ行き、植物の本を読みます。
    園芸店では植木の道具を買いました。
    そして上手に剪定までしてしまうのです。

    トミーの知恵と工夫と行動力には、
    頭が下がります。
    我が息子もトミーのように、やさしく、たくましく、頭の良い子に育ってくれたらなぁ。と思います。
    贅沢な願いかな。

    掲載日:2011/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 緑の力

    『どろんこハリー』の絵と重なり、何気なく購入した一冊です。

    近所の人たちのバケーションの間、鉢植えを預かることになったトミー。
    とてもとても研究熱心で、図書館でひとり調べものをしたりして
    どんどん緑の博士になっていきます。
    将来大物になりそう(さかなくんの植物バージョンかしら・・・)
    最初は苦い顔をしていたおとうさんも、最後には部屋からなくなってしまった緑を懐かしがります。
    緑って、不思議なパワーがあるように思います。素敵♪

    娘は、ページのすみに時々登場するハリー風の犬がお気に入りのようでした。

    掲載日:2009/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 緑の手

    夏休みなのにどこにも連れて行ってもらえない男の子。
    長期のバカンスに出かけるご近所さんから、留守中の鉢植えを預かるバイトを始めちゃいます。
    ・・・この設定、とても外国っぽいですよね!

    家中にあふれる植木鉢。
    でも、主人公のトミーはそれは熱心にお世話をするのです。
    水遣りや日当たりに気を使うだけでなく、剪定まで・・・。
    植物たちもすくすく育つところがすごいです。
    トミーは、《緑の手》を持っているんでしょうねぇ。

    頑張ってお世話したトミー。ラストでは思わぬご褒美が待っています♪

    「どろんこハリー」で有名なこの作者ですが、どの本もとっても楽しくて素敵です。

    掲載日:2009/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思わずお庭の手入れをしちゃった!

    • ギフトさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子4歳、女の子0歳

    いかにもアメリカらしい設定です。
    夏の長いバケーションは自宅を不在にする家が多いのです。
    ペットはショップがありますが、植木はありませんよね。
    私でも4、5日間でも家を空けると、この猛暑の中、枯れてしまうんじゃないかと心配です。
    その植木を預かり、自分で責任を持って管理しアルバイトをする、というお話しです。

    まず、植木に目をつけるなんて賢い少年だ。
    図書館に行って、それぞれの手入れの仕方を勉強して、剪定して、挿し木を植えて、苗木まで作ってしまう。
    その苗木は自分の物にするのかな?売るのかな?と思ったら、ナント、子供達にプレゼントしちゃうんです。
    なんて粋な少年なのかしら!!

    お父さんの仕事が忙しくて、夏休みだというのに何処にも連れて行って貰えないのに、スネルどころか、現状を受け入れて楽しみに変えて、おまけに人の役に立ってしまう。
    大人の私も見習いたいものです。
    そんな心優しい少年の事を、神様は見て下さっていたのでしょう。
    最後には、とっても素晴らしい事が少年に起こるのです。

    単純な私は、やらなくては…と、ずっと思っていたボサボサになっていたお庭のお手入れをせっせと始めたのでした。
    さっぱりしていい気持ちです♪

    掲載日:2007/08/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はちうえはぼくにまかせて」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(59人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット