ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!

おさるのジョージ しょうぼうしゃにのる 」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

おさるのジョージ しょうぼうしゃにのる 原作:M.レイ H.A.レイ
訳:福本 友美子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2006年04月
ISBN:9784001111033
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,578
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こりないのがすごい

    ジョージはテレビでもみています。

    いつもなにがあっても、こりないのがすごいとおもいます。

    ジョージがしょうぼうしのかっこうしたところが、おもしろかったです。

    大きすぎてだぼたぼしていて、えがおもしろかったです。

    びっくりしたところは、ジョージがじぶんより、たかいボールをとったところです。

    ぼくもキャッチボールするけど、あんなにジャンプできないのですごいとおもいました。

    ぼくもジョージにあってみたいです。

    いっしょにあそんだら、たのしそうだとおもいます。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好感が持てました。

    消防車に勝手に乗ったり、勝手に制服を着たりするのはどうかと思いますが、今回のジョージのお話は、安心して読めました。

    ジョージの本は、いつもハラハラするので、安心とはほど遠くて、シリーズで初めてではないかと思いました。

    ジョージの優しさや子ども好きする魅力がよく出ていると思います。

    ジョージが、怖がっている女の子の前でお手玉をするのには、好感が持てました。

    息子は野球好きなので、ボールのなげっこの場面が気に入ったようで、じっと見ていました。

    ジョージとキャッチボールしたら楽しそうと思ったようです。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おさるのジョージ しょうぼうしゃにのる 」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



好評につき第2弾!もしあなたが桃太郎だったら?!

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット