にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!

もりはおもしろランド 6 もりのレストラン」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

もりはおもしろランド 6 もりのレストラン 作:舟崎 靖子
絵:舟崎 克彦
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1984年
ISBN:9784033133102
評価スコア 4.36
評価ランキング 10,631
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なぞなぞが出てきます

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子2歳

    やまあらしさんのレストランのお話です。
    やまあらしさんは配達もするのですが、その配達のときに、なぞなぞ付のお手紙が次々と届きます。やまあらしさんが最後に行きついた相手とは・・・。
    なぞなぞを解いていくというのはおもしろいと思いますが、そのお手紙を出した理由がちょっとがっかりでした。あと、レストランの中でのいろいろなお話も見たかったなと思います。

    掲載日:2017/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ナゾナゾが楽しい

    シリーズで子供のお気に入りです。こちらの絵本を初めて読んでから、他のシリーズも読むようになりました。

    カレーライスを注文したのは誰なのか?というナゾナゾをもとにお話が展開され楽しいです。

    二つ頼んだカレーライス、ひとつはお詫びにごちそうしてくれるなら、こんな楽しい出前はないですね(笑)

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぞなぞ好きのスカンクさん

    やまあらしさんのレストランのお話です。
    ある日、なぞなぞで出前の注文がきました。
    さて、料理を持ってなぞなぞの答えのところへ。
    ところが、またなぞなぞが。
    そして、またなぞなぞ・・・

    こんなに、なぞなぞが続いて、思い出したのがスカンクさんです。
    シリーズ「もりの おばんとうやさん」を先に読んでいたので(シリーズの順番としては、おべんとうやさんが後なのですが)、なぞなぞ好きのスカンクさんがいたことを思い出したのです。

    たどり着いた場所は、やっぱりスカンクさん。
    なんと、熱いものが苦手なので、カレーを冷ますために、こんななぞなぞで遠回りさせたのですって。

    と言うことは、お弁当は冷めているものだから、スカンクさんは好きなのかな・・・なんて、シリーズの中で、お話がつながっていることを発見しました。

    掲載日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • オチを読んでなるほど

    小学一年生の息子が続けて借りてくるシリーズです。

    毎回、主人公が変わるので、私も楽しみにしています。

    森の新しいレストラン。配達もしてくれるのですが、届け先がなぞなぞになっています。

    なぞなぞ好きなお子さんだったら楽しいのではないでしょうか?

    推理気分でわくわくしました。

    それにしても、やまあらしさんは気が長いですね。

    食べ物は、温かいうちに食べてもらいたいと思うので、私なら焦ってしまいそうです。

    でも、オチを読んでなるほど。

    まだ、シリーズの半分も読んでいないなので、次はどんな作品を借りて来てくれるのか楽しみにしています。

    掲載日:2008/10/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「もりはおもしろランド 6 もりのレストラン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はじめてずかん415』 編集者 瀬島明子さんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット