もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

だあれかな」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

だあれかな 作:LaZOO
絵:荒川 静恵
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\580+税
発行日:2002年
ISBN:9784052015915
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,408
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 荒川さん

    荒川静恵さんの本です。荒川さんの本が大好きなので良く子供には読み聞かせています。「だれかな〜」と一緒になって考えて、ページは穴のところから娘にめくってもらって一緒に答え合わせ。楽しい本です。

    掲載日:2010/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • いないいないばあ!と同じ面白さ

    のぞき穴からチラリと見えるの一部。次のページにかわいい動物たちが待っています。「いないいないばあ」の本のように、次を想像させるゲームのようにして読ませることができます。

    私はそれぞれの動物が出てくるたびに、その動物の声をまねして読んであげていました。かえるには「ケロケロ」、ぶたは「ぶーぶー」と。
    そうして何度も読んでいたら、最後の「くるんとしっぽ」のぶたさんがどうやら一番強烈な印象を与えているらしく、「くるんとしっぽ」のページを見せるだけで娘は「ぶーぶー」言い出すように…。
    娘が最初に覚えた動物の鳴き声はニャーでもワンワンでもなく、ブーになりました。

    それぞれの動物の特徴を押さえた一文で、動物の名前を教えるヒントになります。絵柄もはっきりとしたカラーで子供にわかりやすい工夫がされていると思います。

    掲載日:2009/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 穴の中から!

    友達からの贈り物の絵本。

    穴から動物の一部が見えて、だあれかな?と問いかけて行くドキドキ感がおもしろいです。
    子供は、穴に手をいれ、自分でページをめくりながら、おーおーと言って楽しんでいます。

    絵も可愛いし、色使いもはっきりしていて子供も興味がわくようです。

    掲載日:2009/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だあれかな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット