モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

くわずにょうぼう」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

くわずにょうぼう 作:谷 真介
絵:赤坂 三好
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,068+税
発行日:1992年
ISBN:9784333015610
評価スコア 4
評価ランキング 18,695
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 嫁の正体は・・・

    ある村に、けちんぼの七べえという男が住んでいました。
    ある日、七べえはお月様に「めしを食わぬよめが欲しい」と頼みました。するとあくる日、七べえの前にかわいい娘が現れます。
    「わたしはめしも食わずによく働きます」と。
    ところがその女は額に口を持つ、恐ろしい山んばだったのです。

    娘も学校でこのお話を読んでもらったことがあるらしく、『めしくわぬよめ』というタイトルで、だいたいお話は一緒みたいですね。
    山んばの気迫が恐ろしいです。
    しかしやはり、あまりにケチはよくありませんね。
    飯を食わずによく働くなんて有り得ないんですから・・・。
    『こどもの日』のいわれも解説されていて勉強になりました。

    掲載日:2012/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと怖かったみたい・・・

    ご飯を食べずよく働く女房が欲しいと願うから、山姥に食べられそうになるのではないでしょうか? 菖蒲の葉で目をつかれ、山姥だけが死んでしまうのは可愛そうだと思いながら読みましたが、小学1年生には額にも口がある顔やストーリーがちょっと怖かったみたいです。 せっかく5月5日の端午も節句を前に菖蒲湯の由来話の一つを聞いてもらおうとしましたが、菖蒲湯って聞いたこともなかったらしく、説明に苦労しました。折り紙で作っていた花菖蒲の葉っぱで説明しましたが、菖蒲湯の菖蒲と花菖蒲は違いますよね。それより、怖い思いをして桶屋さんは懲りたのでしょうか? やけに桶屋さんに腹が立ちました。

    掲載日:2008/05/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くわずにょうぼう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / どうぞのいす / バムとケロのそらのたび / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット