キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

鳥よめ」 やこちんさんの声

鳥よめ 作:あまん きみこ
絵:山内 ふじ江
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2014年12月
ISBN:9784591141885
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,569
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 兵隊になるということ

    美しい表紙が印象的ですが
    戦争のお話に分類されると思います。

    若者(男性)は、徴兵検査を受けて、みな兵隊になり、戦争に行く時代に
    子供の頃のけがが原因で足が不自由になり、兵隊になれなかった若者が主人公です。
    「兵隊になれなかった」ということが、世間への負い目となり
    苦労が多い灯台守の仕事を選ぶことになったといういきさつが
    とても時代を映していると思いました。
    そんな灯台守のところに、助けたかもめが、女人になってお嫁に来ます。
    かもめの嫁は、
    一日に一回かもめの姿になり、翼を広げて空を飛ばなければ死んでしまうという身の上で、
    なおかつ、その姿を見てしまうと、視線が刃になり
    かもめを傷つけてしまうということ。

    戦争が迫る中、灯台にも兵隊がつめるようになり
    なかなかかもめに戻れなくなった嫁・・。
    そして、なんとかかもめに戻る時間を作る灯台守に
    「鳥を飛ばして、敵に連絡している」というスパイ容疑までかけられてしまいます。

    もう・・・灯台守夫婦に感情移入してしまって
    兵隊に腹が立ってしかたない展開でしたが
    翻って、そんな時代だったのだ・・とも感じました。
    物悲しい結末は
    何気ない日常さえも奪われる戦争に対しての、静かな抗議のようにも思いました。


    掲載日:2017/09/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「鳥よめ」のみんなの声を見る

「鳥よめ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『まるさんかくぞう』『いっこさんこ』 <br>及川賢治さん(100%ORANGE)

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット