貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

はじめてよむこわ〜い話(6) ねこロボットののろい」 lunaさんの声

はじめてよむこわ〜い話(6) ねこロボットののろい 作:国松 俊英
絵:鈴木アツコ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2015年01月21日
ISBN:9784265047864
評価スコア 3.5
評価ランキング 34,592
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 黒猫って恐怖心を煽る存在なんですかね

    友人宅にいるとても精巧な猫ロボを壊してしまったために悪夢にうなされたり、精神的にドンドン追い詰められて行く様子がちょっと怖〜く描かれています。でも、私から言わせてもらうと、精巧すぎる猫ロボの存在の方がよっぽど怖いです(笑)
    黒猫を悪役っぽく描いていて、定番ながらも黒猫好きとしては、若干悲しくなりました。

    掲載日:2016/04/05

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「はじめてよむこわ〜い話(6) ねこロボットののろい」のみんなの声を見る

「はじめてよむこわ〜い話(6) ねこロボットののろい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ


日本出版10周年記念! アリスン・マギーさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット