貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

霧のなかの白い犬」 ムスカンさんの声

霧のなかの白い犬 著:アン・ブース
訳:杉田 七重
絵:橋賢亀
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2016年03月18日
ISBN:9784251065728
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,659
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • いろんな問題を考えさせられる一冊。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子6歳

    小5の息子の夏休みの読書感想文のために購入し、
    息子と一緒に読んだ一冊ですが、

    大人でも物語の中に吸い込まれていく
    とても深い小説です。

    「白い犬」と題名にあるので、犬関係かと思い、
    犬好きの息子に選んだ一冊でしたが、

    認知症、友情、動物愛護、家庭、出稼ぎ、戦争、教育。

    あれよあれよという間に一気にいろんな社会問題が
    どっと押し寄せてきて、
    でもストーリーがしっかりしているので、頭が混乱することもない。

    特に戦争をめぐる箇所でのジェシーの受けたショックや、
    同い年のいとこに対する思いなんかは、
    息子はとても共感できたようで、読書感想文にもその部分を主に
    書いていたようです。

    昔のことは過ぎ去ったことだけれど、
    それだけで済ませてはいけない。
    今の社会問題と同じくらいの重みがあるんだということを、
    切に感じされられる一冊です。

    掲載日:2017/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「霧のなかの白い犬」のみんなの声を見る

「霧のなかの白い犬」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



投票ランキング発表!受賞レビューも決定

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット