宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ちいちゃな まあちゃん」 鉄人の母さんの声

ちいちゃな まあちゃん 作:ジョン・ウォーラス
訳:松川 真弓
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1996年05月
ISBN:9784566003439
評価スコア 3.5
評価ランキング 34,819
みんなの声 総数 1
「ちいちゃな まあちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 絵本を読んで欲しい!

    ちいちゃなまあちゃんがお父さんに絵本を読んでもらうようにせがみます。でもお父さんは忙しくて呼んでくれませんでした。
    お母さんもいるようですが、お父さんに呼んでもらいたいみたい。
    息子もそうでしたが、この絵本はお母さんこの絵本はお父さんと読んでもらいたい人が決まっていました。

    アドリブの違いなんだろうけど、楽しかったことはすごく覚えていて同じように読んでもらいたいようです。この子もそうなんだろうか?
    絵本を読んでもらえずにお父さんは出張へ言ってしまいました。

    忙しい中お父さんも、まあちゃんのことを思い出します。
    帰りに絵本を買ってきてくれて読んでもらえることができました。

    うちの夫もこうであればと羨ましく思えました。
    お父さんもいっぱい子どもに読んでもらいたいです。

    掲載日:2016/09/30

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ちいちゃな まあちゃん」のみんなの声を見る

「ちいちゃな まあちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット