虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

岩波少年文庫 古森のひみつ」 てんぐざるさんの声

岩波少年文庫 古森のひみつ 作:ディーノ・ブッツァーティ
訳:川端 則子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:2016年06月16日
ISBN:9784001146172
評価スコア 3.5
評価ランキング 37,157
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 1935年のイタリアの児童文学作品。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    タイトルにひかれて図書館で借りてきました。
    「古森(ふるもり)」を相続したある男の話です。
    ドイツやイギリスのファンタジーとはまたちょっと違った味わいがありました。
    主人公のブローロコ大佐は兵役を引退したいい大人だったので、児童文学の作品としてはその心情についていきにくかったのですが、
    甥っ子のベンヴェヌート少年が彼と対照的に描かれていて、物語全体を盛り上げてくれていました。影の主人公はベンヴェヌート少年だったのかもしれません。

    精霊たちがたくさん登場するお話で、そういう存在をぞんざいに扱う大差でさえも、森の動物たちや精霊たちと話ができるという、なかなか不思議なお話でした。
    本の中に描かれていた山村浩二さんの挿絵が結構気に入っています。

    投稿日:2016/10/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「岩波少年文庫 古森のひみつ」のみんなの声を見る

「岩波少年文庫 古森のひみつ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット