がんばれ ちびゴジラ がんばれ ちびゴジラ がんばれ ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ぼくは、つよくておおきい、ちびゴジラ。

まよなかのせんろ」 もりもりまりもりさんの声

まよなかのせんろ 著者:鎌田 歩
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2016年11月30日
ISBN:9784752007708
評価スコア 4.25
評価ランキング 16,265
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く
  • 物語の構成がとてもいい。

    鉄道好きな息子のために、単純に「電車に関係しそうな絵本だから」と思って、借りてみました。
    マルチプルタイタンパー!?
    今までは鉄道の工事に関係しそうな車両のことは全て「工事車両」と言いくるめていたので、
    こんな口が回らないような名前の車両があるなんて、とびっくりしました。
    いちいち「マルチプルタイタンパーは!!!!」と力強く本を読んであげたのを覚えています。

    この本のいいところは、
    本来、とびらのページに書かれることの多い本のタイトルが、2ページ目、3ページ目にかかってあるところ。
    とびらのページには、電車の運行が終わり、賑やかだった駅が静まり返り、街が眠りにつく頃、マルチプルタイタンパーが目を覚ますまでの物語の始まりが上手に構成されています。
    ここの部分を静かに読み始めるのがとても好きです。
    ガガガガガッ!と豪快に作業を続けるマルチプルタイタンパー。
    それと対比するような静かな深夜の街。
    このギャップを感じさせられる青いページも好きです。

    私たちが寝ている時でも、お仕事をしている人や電車がいるんだね、と子供達にお話ししました。
    詳しい図解も出てきますが、これは一つの物語。
    とてもよくできた本です。

    投稿日:2018/09/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「まよなかのせんろ」のみんなの声を見る

「まよなかのせんろ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

かいじゅうたちのいるところ / スイミー 小さなかしこいさかなのはなし / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / キャベツくん / もこ もこもこ / ぐりとぐら / からすのパンやさん / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット