アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

おはよう、はたらくくるまたち」 おかなしこさんの声

おはよう、はたらくくるまたち 文:シェリー・ダスキー・リンカー
絵:トム・リヒテンヘルド
訳:福本 友美子
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年03月03日
ISBN:9784865491005
評価スコア 4
評価ランキング 21,792
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く
  • 一日の始まりから終わりまで

    • おかなしこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    シリーズの「おやすみ、はたらくくるまたち」も好きな二歳の息子。こちらの絵本は、「おはよう」から始まり、「おやすみ」で働くまでの一日の絵本となっています。

    それぞれのはたらくくるまが個々で活躍していた「おやすみ、」に比べて、こちらは、常にペアでくるまたちが活動し、仲間意識がうまれています。

    みんなで協力して、一つのことを成し遂げる達成感や楽しさといった要素がプラスされています。

    息子は二冊を並べて「いっしょ!っしょ!っしょ!」と嬉しそうに興奮していました。登場するくるまたちは、少し珍しい名前の車が多いので、その点を知識の肥やしと考えるか、親しみづらいと捉えるかは、親御さん次第かなと思います。

    朝から始まるので、明るい雰囲気で読めます。

    投稿日:2019/03/22

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おはよう、はたらくくるまたち」のみんなの声を見る

「おはよう、はたらくくるまたち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / よるくま / おおきくなるっていうことは / ぐりとぐら / だるまさんが / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / からすのパンやさん / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット