貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

100えんのにじ」 にぎりすしさんの声

100えんのにじ 作:くすのき しげのり
絵:にき まゆ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年02月23日
ISBN:9784577044100
評価スコア 4.25
評価ランキング 15,652
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 約束はまもるんだぞ

    古狸の  だいごろうは 一人で住んでおりましたから  自分は人を化かすためにいるのだと思いこんでいました
    一人の泣いている男の子との出会いから・・・・
    はじめは つちまんじゅうをつくり 男の子がおいしそうに食べるのをみて笑いましたが、   男の子に虹がほしいと言われて  100円で売ってやるというのです
    男の子は 本当に虹がほしくて   お母さんのお手伝いをしてもらった5円を持ってくるのです
    毎日毎日 5円を持ってくる男の子  そして100円になるまで20回持ってきたのです
    男の子は 虹を100円で買えると信じ込んでいたのですね
    だいごろうは うそを言うのです 夜に虹が出ると
    男の子は友達から馬鹿にされるのですが・・・・・
    だいごろうは 男の子の信じる心に動かされて
    月夜の晩に 自分が虹になるのです

    友達をつれてやって来た男の子の前できれいな 虹になるだいごろうでした。(人を化かすのではなくて喜ばせることができた だいごろうです)

    男の子のお父さんから教えてもらった 「やくそくはまもるもんだぞ」

    この言葉の重みを感じます   男の子の純真な心に じーんときました 

    掲載日:2017/07/28

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「100えんのにじ」のみんなの声を見る

「100えんのにじ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



映画『ゆずりは』試写会レポート

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット