しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ジャックと豆のつる」 にぎりすしさんの声

ジャックと豆のつる 作:ジェイコブズ
絵:飯野 和好
訳:佐藤 凉子
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1988年
ISBN:9784895882040
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,177
みんなの声 総数 7
「ジャックと豆のつる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • ジャックとまめの木のお話は いろんなお話があります
    イギリスの昔話 ジェイコブのお話はなかなかおもしろかったです
    め牛を市場へ売りに行ったジャック 
    貧しくて食べるものない生活ですから  牝牛を豆と取り替えたジャックは 当然 お母さんに 怒られるのも無理はないですが・・・・ 怖い顔!
    お母さんは窓からまめを掘り投げました。  もちろんジャックは晩ご飯なし    

    翌る朝  まめは つるが伸びて 天にも届くほど   
    なんとジャックは登っていくのです
    ここまでのお話は よく知るお話です

    人食い鬼の家に    奥さんはなかなか 優しいなあ  はらぺこのジャックにパンとチーズをくれ 隠してくれるんですから・・・・

    人食い鬼は 金貨の袋を数えます   影で見ていたジャックの勇敢なこと  金貨を盗み 家へ帰るのです  
    お母さんを喜ばせたのです (お母さんの顔が見たかったなあ〜)

    このお話の展開がなかなかおもしろい 
    ジャックはもう一度 人食い鬼のところへ行くのです
    この勇敢さは? 怖いもの知らずもいいところです(私なら怖い)
    金の卵を盗み 
    三度目は 金の竪琴を盗むのですが・・・・(なぜ?怖くないの?)
    ハラハラドキドキ・・・
    追っかけてきた 人食い鬼  ジャックは素早くまめのつるを斧で切り 鬼は 真っ逆さまに落ち のうてんをうち そのまま 豆のつるにうもれてしまった
    ジャックは たいそう金持ちになり りっぱなおひめさまと結婚したんですって(ちょっと 笑えました)
     めでたしめでたしです

    なんとも おもしろいお話  
    ところどころに アラビア文字ふうの 文字が描かれていて 飯野さん  言葉の意味 解説してくださいな!

    興味のある方にお奨めです

    掲載日:2018/04/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ジャックと豆のつる」のみんなの声を見る

「ジャックと豆のつる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねずみくんのチョッキ / ピヨピヨ スーパーマーケット / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / くだもの / おおきなかぶ / からすのパンやさん / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ひゅ〜どろどろどろだらけ〜♪おばけ野菜がいっぱい!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット