モモンガのはいたつやさんとミーちゃんへのプレゼント モモンガのはいたつやさんとミーちゃんへのプレゼント
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
モモンガのはいたつやさんシリーズ、待望の続刊!
ぽこさんママさん 40代・ママ

あったかいなあ
ふくざわゆみこさんの絵本はどれもあった…

おとうさんの庭」 もゆらさんの声

おとうさんの庭 作:ポール・フライシュマン
絵:バグラム・イバトゥリーン
訳:藤本 朝巳
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2006年09月
ISBN:9784001108880
評価スコア 4.57
評価ランキング 3,347
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く
  • 家族がステキだ。

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     邦題「おとうさんの庭」ということばに、家族の見えない絆を感じる。ポール・フライシュマン原作は「The Animal Hedge」動物の生け垣である。
     しあわせは儚い、天は厳しい。目に見えるつまずきがなくとも、人生は先が見えないもの。暮らしの中で、おとうさんと呼ばれる者の落ち込む気持ちは、家族ですら癒すことができない。それは我が身をもって感じることである。
     何かを失って、どうすればよいか迷ったとき、その答えの欠片が、この絵本の中に隠れている気がする。夢のない人なんていない。でも、しあわせって何だろう?と、いつも考えさせられる。自律するって、本当は身の丈を知る旅に出ることではないかと、作中の息子三人の「でかけていく」という訳語に助けられた思いだ。
     訳者の藤本朝巳さんに感謝。

    掲載日:2013/11/05

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おとうさんの庭」のみんなの声を見る

「おとうさんの庭」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ


みんなの声(13人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
サイン本販売中