宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ゆうえんちでなんでやねん」 ぴょーん爺さんの声

ゆうえんちでなんでやねん 文:鈴木 翼
絵:あおき ひろえ
出版社:世界文化社
本体価格:\1,000+税
発行日:2018年03月
ISBN:9784418188109
評価スコア 4
評価ランキング 25,548
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 立派な大人になるために、忘れてはいけない大切な3つの言葉
    「ありがとう」「ごめんね」「なんでやねん」
    家族で遊園地にやってきて、入り口でヘルメット渡されて「ワン、ツー バンジー!」から、始まって最後もい100万人のお客様でプレゼントをもらって、「ワン、ツー・・・・・バンジー」で、終わってました。漫才みたいな掛け合いが面白くてはまってしまった私は、何回も読んでしまいました。ちょっと気弱なパパの涙も印象に残りました。図書館から、借りたのですが、自分のために手元に置きたい絵本でした。

    投稿日:2018/11/17

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ゆうえんちでなんでやねん」のみんなの声を見る

「ゆうえんちでなんでやねん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット