猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上 猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上
作: 橋本 愛理 絵: 月戸  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
ドラマ&映画版「猫忍」の主人公である陽炎太(かげろうた)の幼少期を描く、スピンオフノベライズ作品!

かがみの孤城」 てんぐざるさんの声

かがみの孤城 著:辻村 深月
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2017年05月
ISBN:9784591153321
評価スコア 4
評価ランキング 24,302
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 子どもたちのSOSに改めて気づける本。

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    2018年本屋さん大賞にノミネートした作品なので、知っている方も多いと思います。

    本書はポプラ社から出てはいますが、
    【児童書】の枠ではなく、作者の辻村さんが得意なミステリー要素の多いファンタジー、もしはファンタジー要素の多いミステリーの分野に入ると思います。
    でも、わたしはあえてこの本を「ナビ」で本を選んでくれる子どもたち(または子どもたちに本を薦める大人たち)に読んでもらいたいです。

    この物語にはそれぞれに抱えているものがあって、
    「学校にいけない」(リオンという男の子だけは行きたかった日本の、自分が住んでいた学区の中学にいけなかったのですが)
    7人の思春期の子どもたちが登場します。
    かれらは、それぞれ学校や家族から受けたことでSOSを発信していました。

    (文中から)
    困っている。勉強がわからない。何がわからないのかわからない。
    そういう時に助けを求めていいのだ、……
    これまで誰も助けてなんてくれないと思っていたけれど、
    一度そう考えると、……そばには手を差し伸べて、自分を助けようとしてくれている鮫島先生がいた。
    そのことに、急に気がついた。

    主人公“こころ”には「喜多嶋先生」がいました。
    こころの友達の“アキ”には「鮫島先生」がいました。

    今、何かと闘っている子どもたちのそばにも、きっと差し伸べている手に気づいてほしい誰かがいる。
    だからひとりで苦しまないでほしい。と思うし、
    わたしたち大人は、なにかに遭難しそうになっている子どもたちがいたら手を差し伸べてあげられるアンテナを持っていたい。そう思える作品でした。

    物語としての世界観も素晴らしく、謎もが明かされていくテンポよく、ぐいぐい引き込まれました。
    最後は泣きながら読みました。
    うちの子にも勧めてます。

    ぜひ、たくさんの人に読んでもらいたいです。

    掲載日:2018/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「かがみの孤城」のみんなの声を見る

「かがみの孤城」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



母であることのすべてがつまった、一生の宝物になる絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット