どっせい!ねこまたずもう どっせい!ねこまたずもう
作: 石黒 亜矢子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本日は100年に一度の大相撲大会。無敵の大横綱、にゃんこのやまに対するは、奇々怪々な妖怪たち。さて、勝敗の行方やいかに!

いのちの花」 ヒラP21さんの声

いのちの花 作:そのだひさこ
絵:丸木 俊
出版社:解放出版社
本体価格:\2,000+税
発行日:2003年
ISBN:9784759222302
評価スコア 4.43
評価ランキング 9,295
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • 理不尽

    無実の罪を背負って死罪となった5人の若者。
    どうして、村人は人身御供を出さねばならなかったのだろうか。
    作者が被差別部落に伝承されている話を基に書いた話は、本文よりも解説において饒舌である。
    武士にとって差別民は物同然の存在だったのである。
    自分たちが生きるためには、あまりの理不尽を受け入れざるを得なかった時代があった。
    芝居で酒乱を働いた武士に手を下した5人の若衆。
    度を過ぎたのかどうかはさておいて、武士は町人に嘲られることを良しとしない権力を持っていた。
    そのために抜いた刀には、鞘に納めるに足るものがなければならなかった。
    その矛先が被差別の民に課せられた。
    5人の罪人を作り出さずにはおれなかったのである。

    一族の存亡のために、命を投げ出した若者がいた。
    これは、若者にとて理解に苦しむ話である。
    理解できなければ、事実として受け止めるしかない。
    なかったことにするなど、権力の傲慢である。

    この絵本を見ていて、思わず吐き出した言葉…。
    「江戸末期の史実をもとに作られ、自費出版されていた作品の再版。」と紹介されていた。
    再版した出版社においても、極めて運動志向のある性格を持っている。
    作者の熱い思いを受け止めなければいけない。
    絵を描いている丸木俊さんもまた、世の理不尽を描いている。

    投稿日:2011/03/27

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「いのちの花」のみんなの声を見る

「いのちの花」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



祝! 10周年記念! 「ばけたくん」シリーズ<br>岩田明子さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット