宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

バムとケロのそらのたび」 kaiponruruponママさんの声

バムとケロのそらのたび 作:島田 ゆか
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1995年10月
ISBN:9784894230927
評価スコア 4.83
評価ランキング 123
みんなの声 総数 300
  • この絵本のレビューを書く
  • シリーズの中で一番好きです。絵がカラフルで楽しいのと、お話も楽しめます。

    息子は飛行機も大好きなので旅に出かけるワクワク感も楽しんでします。

    旅の中で様々な体験をしますが、このシリーズは他もそうですが、オチが沢山あり、笑えるほっこりした内容です。つい笑ってしまいます。

    こんな空の旅があれば、楽しそうです。玉ねぎで涙が出たり、虫やコウモリが現れたり、大変ですけど・・・

    投稿日:2014/02/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「バムとケロのそらのたび」のみんなの声を見る

「バムとケロのそらのたび」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / からすのパンやさん / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット