すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
てつじんこさん 30代・ママ

遊びかた無限大
5歳の息子が楽しめそうだと思い購入しま…

虔十公園林」 にぎりすしさんの声

虔十公園林 作:宮沢 賢治
絵:伊藤 亘
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1987年
ISBN:9784039633002
評価スコア 4.75
評価ランキング 761
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く
  • いつも 木や鳥を見てわらっている虔十 子供らにも馬鹿にされているのですが
    杉の苗を植えたいと言うのです、 お父さんは虔十の言うとおりにさせてやります
    この親心は、さすがです。 人は虔十は馬鹿だとわらっていましたが
    親は いつまでも子供の味方である 
    このことに感動しました
    虔十は大切に杉して枝払いをしたり育てますが・・・・
    チフスになって死んでしまうのです。 
    思い半ばであったかもしれませんが、お父さんは、この杉の林は誰にも売らず、虔十の形見を守るのです
    杉林は子供たちの遊び場になり、学校の公園のようになるのです
    これは 虔十の望んでいた事かもしれません。
    緑の森は 人の心をいやしてくれます
    このことを 虔十は、一番良く知っていて、杉苗を野原に植えたいと思ったのかもしれません

    伊藤 亘氏の絵が 「紙彫」で虔十の人の良さを伝えてくれますし
    子供たちがなにより 楽しそうに遊んでいるのがいいです

    人は、自分のできることを 何か一つでも残せたら幸せですね

    虔十がお月様の下で寝そべって眺めている絵が良いですね!

    掲載日:2010/09/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「虔十公園林」のみんなの声を見る

「虔十公園林」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ねないこ だれだ / ちょっとだけ / わすれられないおくりもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



未確認生物の正体は!?ねこに再び安住の時は訪れるのか

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット