ぼくはかさ ぼくはかさ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ぼくはかさ。たろうちゃんのおきにいりのかさだよ。だけど、このごろたろうちゃんは、おばけにばかりむちゅう。そうだ、ぼくも「かさばけ」になろう!

かぐやひめ」 てんぐざるさんの声

かぐやひめ 作:円地文子
絵:秋野 不矩
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2001年
ISBN:9784265032822
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,563
みんなの声 総数 10
「かぐやひめ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • かぐや姫は平安美人とわかります。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    初版が1967年、手にしている本は復刻版で2002に出ています。
    原作は多くの人が知っている「竹取物語」。作家の円地文子さんの文章で絵本にしています。
    絵を担当されている秋野不矩さんは日本が誇る女流の画家のひとりで、本書以外では、福音館から出されている日本の昔話絵本もいくつか挿し絵を担当されています。
    表紙絵や冒頭に登場するかぐや姫はいわゆる平安美人の白い肌、丸い眉と細い目のしもぶくれ顔です。
    現代の美意識とは違うのだということが、はっきりとわかるように描かれている気がしました。

    改めて読んでみると、この絵本ではかぐや姫に求婚する5人の男たちの行動も簡潔にでもきちんと描かれていて、ストーリーが飲み込みやすく面白かったです。
    ページ数は少々ありますが、読み聞かせなどで子どもたちに紹介していきたい良質の絵本だなと思いました。

    掲載日:2017/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「かぐやひめ」のみんなの声を見る

「かぐやひめ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ぐりとぐら / おおきなかぶ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



医学博士/脳科学者・加藤俊徳さん インタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット