まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ベントリー・ビーバーのものがたり」 おはなばたけちゃん。さんの声

ベントリー・ビーバーのものがたり 作:M・W・シャーマット
絵:L・ホーバン
訳:掛川 恭子
出版社:のら書店
本体価格:\1,100+税
発行日:1993年
ISBN:9784931129382
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,074
みんなの声 総数 3
「ベントリー・ビーバーのものがたり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 幸せってどんなものか。

    ベントリー・ビーバーという男の子がうまれてから、いきをひきとるまでのお話です。「さいごまでしあわせにくらしました。」で終わる物語に慣れた耳で聞くと、なくなったあとまで、その子どもたち、そのまた子どもたちとベントリーおじいちゃんのことは語りつがれ、幸せが続いていくベントリーの一生は、ほんとうに輝いています。

    ベントリー・ビーバーは、円満な家庭に育ち、自分の好きなものを知っていて、うれしさやさみしさを共感できるパートナーを得て、子どもたちにも好きなものがあるのを尊重して生きていきます。それは、忘れてはいけない幸せの基本かもしれません。

    多くの子どもたちに幸せってどんなものかに気づかせてくれるかと思います。巡り会えた喜びを感じる1冊です。

    5歳の娘は、この本がとても気に入って、繰り返し読んでいます。

    投稿日:2017/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ベントリー・ビーバーのものがたり」のみんなの声を見る

「ベントリー・ビーバーのものがたり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おばけのバーバパパ / とんことり / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はじめてのおつかい / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ダム・キーパー』トンコハウス 堤大介さん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット