貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

スーホの白い馬」 みっちー77さんの声

スーホの白い馬 作:大塚 勇三
絵:赤羽 末吉
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1967年10月
ISBN:9784834001129
評価スコア 4.77
評価ランキング 519
みんなの声 総数 101
  • この絵本のレビューを書く
  • 馬頭琴

    以前から気になっていた絵本でした。

    2年生の教科書に乗っているという事で、そろそろいいかな〜と読んでみました。

    モンゴルの伝統楽器、馬頭琴の由来にまつわるお話。

    とっても悲しいお話ではありますが、白馬は馬頭琴に生まれ変わり、スーホと一緒にいられる。
    とっても奥の深い、いいお話でした。

    4歳の娘は、ただ「悲しい〜から嫌だ。」と、まだまだこの話の良さは難しですね。

    1年生の終わりから、2年生あたりが、いいタイミングかな〜と思います。
    ぜひ、この馬頭琴の音色も聞いてみたいです。

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「スーホの白い馬」のみんなの声を見る

「スーホの白い馬」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きょうのおやつは / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



寝かしつけの定番シリーズ、お子さまの感想も募集します!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット