アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ぼく ごりら」 ガーリャさんの声

ぼく ごりら 作:小風 さち
絵:阿部知暁
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2005年
評価スコア 4.17
評価ランキング 18,353
みんなの声 総数 5
「ぼく ごりら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 親として学びたいお母さんゴリラの子育て

    初めて読んだ時から、「もう1かい!」、「もう1かい!」と、絵本の中に吸い込まれていくように夢中になったお話です。おかあさんと赤ちゃんゴリラの絵を見ているだけでも、ほのぼのとした気持ちになります。特に、赤ちゃんがお母さんにだっこされているページでは、娘もとろけそうな笑顔で、ゴリラの親子を見つめています。赤ちゃんゴリラが元気よくおしっこをするシーンでは、照れくさそうにくすくす笑い、お母さんのおっぱいを飲んでいる場面では、自分はもうおねえさんになったんだなあ、と寂しく感じているのか、ちょっぴり羨ましそう・・・。でも、赤ちゃんゴリラがお母さんの気を引こうと、やんちゃ振りを発揮し、終いにぐいっとお母さんに足をつかまれてしまう場面になると、「あ、わたしといっしょだ!」という目をして喜びます。
    私も、ゴリラのお母さんから、親として学ぶことがいっぱい。まずは自分自身が元気でいるために、また、子どもに少しでもよい母乳を与えるために、むしゃむしゃ、がりがり、食べ続ける姿に、母の強さを感じました。子どもに背を向け、時々ちらっと横目で様子を伺うだけで、子どもの行動にも一々口を出しません。人間は言葉を発する生き物なので、ついあれこれ言いたくなってしまいますが、ゴリラのお母さんのように、遠くから、大らかに見守ってあげられる親になりたいな、と思います。

    掲載日:2007/07/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼく ごりら」のみんなの声を見る

「ぼく ごりら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



未確認生物の正体は!?ねこに再び安住の時は訪れるのか

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット