くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

コーちゃんのポケット」 バーモンターさんの声

コーちゃんのポケット 作・絵:ドン・フリーマン
訳:さいおんじさちこ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1982年
ISBN:9784593501687
評価スコア 4.79
評価ランキング 378
みんなの声 総数 33
「コーちゃんのポケット」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 物語のヒントは日本人から!

    「くまのコールテンくん」がとても好きだったので表紙を見てすぐにコールテンくんだと思いました。

    コールテンくんが自分の洋服にもポケットが欲しいと思うところからいろんなアクシデントが起こるお話ですが、最後は持ち主のリサの愛情があふれる1ページだと思います。
    「くまのコールテンくん」を先に読んでいると、りさの愛情がより感じられると思います。

    私がこの本をよんで心温まったもうひとつの事は、翻訳を手がけた西園寺さんが持っていたくまの指人形(高田千鶴子さん作)にポケットがついているのを見て、作者ドン・フリーマンが続編を書くことを決めたということ。そして、その後フリーマンさんが亡くなり西園寺さんが残念に思っていたところ遺作という形で世に出たこと。
    日本人として嬉しく思いました。

    掲載日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「コーちゃんのポケット」のみんなの声を見る

「コーちゃんのポケット」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / いないいないばあ / はじめてのおつかい / 100万回生きたねこ / なにをたべてきたの?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いろんな場所へ旅する楽しい乗り物のしかけ絵本

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット