宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

こしおれすずめ」 ヒラP21さんの声

こしおれすずめ 絵:瀬川 康男
再話:瀬田 貞二
出版社:福音館書店
本体価格:\800+税
発行日:2009年02月
ISBN:9784834024296
評価スコア 4.81
評価ランキング 255
みんなの声 総数 20
「こしおれすずめ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 善行と悪行

    無欲の善意がもたらした思いもかけぬ富と、それをやっかむ対抗心。
    となりの婆さんの飽くなき行動が、たまらなく印象的な作品です。
    すずめの腰を折っておきながら、数の上で勝負。愛情のない偽善にもたらされた結果を、なかなか認めない執念。
    となりの婆さんの醜さに圧倒されながら、自分自身の中にもこんな打算があることを、チクリと戒められたような気がしました。

    投稿日:2019/05/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「こしおれすずめ」のみんなの声を見る

「こしおれすずめ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド / おかえし / きんぎょがにげた / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / こんとあき / からすのパンやさん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット