貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

はつゆめちょうじゃ」 ヒラP21さんの声

はつゆめちょうじゃ 作:こわせ たまみ
絵:村上 豊
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年01月
ISBN:9784577033746
評価スコア 4.3
評価ランキング 14,043
みんなの声 総数 9
「はつゆめちょうじゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • この展開は、読めなかった

    タイトルから明らかに正月のお話なのですが、それだけで手にした私は、読んでみて内容も展開も想定外。
    それだからこそ面白かったともいえるのですが…。

    村のお金持ちが村人たちの初夢を買おうとします。
    人の初夢で金持ちになろうと言うのです。
    そのお金持ちが初夢長者かと思ったら全くはなしが違います。
    初夢は人に話さなければかなうという、カバーの説明ですから、話してはいけないのでしょう。
    初夢を見なかったという村人の中で、一人初夢を見たこぞうさんがいました。
    そのこぞうさんの夢が冒険とロマンで楽しいのです。
    願望のような夢。
    鬼を相手に、宝を手に入れたり、二人の長者様の子どもになったり。
    こんな夢を自分も見てみたいものです。
    でも、ラストシーンを見ると、このこぞうさん、目を覚ましたらみんな忘れちゃっているのじゃないかな。

    掲載日:2011/03/20

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「はつゆめちょうじゃ」のみんなの声を見る

「はつゆめちょうじゃ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / だるまさんが / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『たぬきがのったら へんしんでんしゃ』 <br>田中友佳子さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット