貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おんちょろちょろ」 もゆらさんの声

おんちょろちょろ 絵:梶山 俊夫
再話:瀬田 貞二
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:1993年
評価スコア 4.2
評価ランキング 16,801
みんなの声 総数 9
「おんちょろちょろ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • ことばの響き

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     おんちょろちょろ? なんて気になることばでしょう。
    ちょろだけでも可笑しいのに、くりかえされるとなぜか
    復唱したくなる衝動にかられます。
    子どもたちの感性はさっそく、反応の大合唱かも。

     へんてこお経を唱え、なりきり寺のこぞうと
    だまーって多くのページに現われるおじぞう、
    そーっと出てきて、ちゅうと鳴くねずみと
    そーっと入り込んで、こそこそ家を窺うこそどろ、
    こんな対比のおもしろさも、クスッと笑えますね。

     梶山画伯の味のある泥臭い絵、滑稽です。
    ことばをくるんでピカピカ響かせてます。
    さて男の子の持つは、魔除けの?モモの枝?かしらと
    おんちょろちょろ、気にかかりそろ。
    感謝

    掲載日:2015/04/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おんちょろちょろ」のみんなの声を見る

「おんちょろちょろ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / いないいないばあ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / かいじゅうたちのいるところ / おこだでませんように / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『10才からはじめるゲームプログラミング図鑑』編集者インタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット