くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ふゆねこさん」 おるがんさんの声

ふゆねこさん 作・絵:ハワード・ノッツ
訳:松岡 享子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1977年
ISBN:9784034250303
評価スコア 4
評価ランキング 20,474
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く
  • 冬ってなんだろう

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    初めて冬を迎えるこねこにとって、冬というものがどんなものかわからず、体験を通して知る事ができます。
    子どもたちも、初めてのものに出会いながら、それを知っていきます。
    その経験の積み重ねが大切なのですね。

    こねこ(ふゆねこ)と子どもたちのようすも、ほのぼのとしていいです。
    ふゆねこが警戒しているところや、それを辛抱強く待っている子どもたちの優しさにじーんとします。
    新しい関係を作る大変さが伝わります。
    絵が繊細で子どもたちの表情がいいです。

    掲載日:2009/03/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ふゆねこさん」のみんなの声を見る

「ふゆねこさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / じゃあじゃあびりびり / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はじめてのおつかい / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


映画『ゆずりは』試写会レポート

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット