新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
だれかのプレゼント

だれかのプレゼント(文溪堂)

『100にんのサンタクロース』谷口智則さん待望の新作サンタ絵本

床下の小人たち 小人の冒険シリーズ1」 10月さんの声

床下の小人たち 小人の冒険シリーズ1 作:メアリー・ノートン
絵:ダイアナ・スタンレー
訳:林 容吉
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
税込価格:\2,420
発行日:1969年
ISBN:9784001109313
評価スコア 4.14
評価ランキング 23,633
みんなの声 総数 6
「床下の小人たち 小人の冒険シリーズ1」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  •  いろいろと考えさせられる

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳

    「アリエッティ」の映画の本と知って、息子にせがまれ
    2週間近くかけてじっくり読みました。(毎晩1章)

    子供の頃って「こびと」の想像、大好きですよね。
    だからこのお話もドキドキワクワク読めるかなぁと思っていましたが、
    そんなふうにシンプルに気軽には読めませんでした。(大人の私は・・です)
    小2の息子は楽しんでいたようでした。

    微細にわたり描写される小人たちの暮らしぶり。
    小人と人間の交流。
    「借り(狩)」に行くときのスリルや、秘密のやりとりをするアリエッティと人間の男の子との会話。
    小さくて工夫に満ちた住みか。

    ・・・そんなところが子供心には楽しいのでしょう。

    読んでみての意外な感想は、
    ・アリエッティの偏った世界観・・・人間にとっても視野が狭かったり、無知なこと、偏ったことはあるのではないか?毒気を含んだような話。
    ・床下でずっと育ってきたアリエッティの孤独と閉塞感。
    (映画ではここは省かれていたように思えました)
    ・ホミリー(小人の母)の物欲・・ここにも皮肉や風刺があるきがしました。

    ・・・ただの「可愛らしいこびと」ではなくて、文句を言ったり
    愚痴を言ったり、人間と変わらないのです。優越をつけたがったり、見栄をはったり・・。
    大人には潜んだメッセージがたくさん隠されていそうなお話でした。

    続きを読みたいと息子は言っていますが、読むのはなかなかに大変なので、少しづつ読破したいと思っています。

    投稿日:2012/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「床下の小人たち 小人の冒険シリーズ1」のみんなの声を見る

「床下の小人たち 小人の冒険シリーズ1」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / からすのパンやさん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



AmazonオーディオブックAudibleでJ.K.ローリング最新作『クリスマス・ピッグ』を楽しむべき7つの理由

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット