話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
かぞえるえほん おやすみわんちゃん

かぞえるえほん おやすみわんちゃん(偕成社)

みんなでいっしょに数えてかわいい、おやすみ前のわんちゃんの絵本。

  • かわいい
  • ためしよみ

床下の小人たち 小人の冒険シリーズ1」 おるがんさんの声

床下の小人たち 小人の冒険シリーズ1 作:メアリー・ノートン
絵:ダイアナ・スタンレー
訳:林 容吉
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
税込価格:\2,420
発行日:1969年
ISBN:9784001109313
評価スコア 4.14
評価ランキング 23,625
みんなの声 総数 6
「床下の小人たち 小人の冒険シリーズ1」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 想像を掻きたてられます

    子どもの頃に読んだのでなつかしくなって読み返しました。
    借り暮らしの小人たちの部屋の様子が、子どもの頃は分からなかったものも、大人になって読むと頭にちゃんと浮かんできます。
    (チェスの駒、吸い取り紙、ゆびぬきなんて分からなかったので)

    小人たちは小さいけれど、人間たちと同じように(それ以上かも)プライドがあって、頑固で欲深で、行動的です。
    小さいからかわいらしいだけではないのです。

    もう会えなくなったほかの小人たちの悪口を言ったり、おかしかったのが人間を自分たちを養う奴隷だと思っているところです。
    妖精のような純真な存在ではないのです。
    とても親近感が沸いてきて、より物語に引き込まれました。

    小人たちが見つかってしまうところでは、どんなにハラハラしたことか。
    自分の読む速度にいらいらしてしまうほどでした(汗)

    この物語を語っているおばさんの体験を最後に語られますが、こんな終り方は本当にすてきです!

    投稿日:2014/12/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「床下の小人たち 小人の冒険シリーズ1」のみんなの声を見る

「床下の小人たち 小人の冒険シリーズ1」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / からすのパンやさん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…
  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


『ふしぎな森のものがたり』あいはらひろゆきさん&ちゅうがんじたかむさんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット