雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

お月さまってどんなあじ?」 やこちんさんの声

お月さまってどんなあじ? 文・絵:マイケル・グレイニエツ
訳:いずみ ちほこ
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1995年09月
ISBN:9784883301065
評価スコア 4.76
評価ランキング 586
みんなの声 総数 177
  • この絵本のレビューを書く
  • すてきなお月様

    9月になり、月の絵本を探していて手に取りました。

    お月様を「食べてみたい」と発想する動物達と
    手を届かせまいと逃げるお月様のお話です。

    月と地球の距離がすごく遠いことがわかりかけている小4の娘は
    動物達による月までのはしごができ
    そのたびに「ひょいっ」と逃げるお月様の追っかけっこを
    「ありえない」といいながら聞いていました。

    最後にとうとうお月様のカケラを食べることに成功したその味の表現のイキなこと・・。
    ありえない・・と切り捨てるにはもったいない
    何かを感じました。

    娘は最後まで、一番下になった亀のことを心配していました。

    掲載日:2014/09/03

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「お月さまってどんなあじ?」のみんなの声を見る

「お月さまってどんなあじ?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / キャベツくん / かばくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



くんぺい童話館 東英子さんインタビュー

みんなの声(177人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット