宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ナルニア国ものがたり3 朝びらき丸 東の海へ」 風の秋桜さんの声

ナルニア国ものがたり3 朝びらき丸 東の海へ 作:C.S.ルイス
絵:ポーリン・ベインズ
訳:瀬田 貞二
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:1966年
ISBN:9784001150230
評価スコア 4
評価ランキング 25,914
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 不思議な冒険

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    ナルニア国物語のシリーズ3作目で、今回はいとこの男の子ユースチスとルーシー、エドマンドの3人がナルニアの外洋でカスピアンとともに船での冒険をするお話です
    今度はなんといとこの子の部屋の船の絵からナルニアへ入ってしまうという、冒険の始まりです
    わがままなユースチスが良い子供に代わっていく様子や、考えられない生物が登場する不思議さや、恐怖でドキドキしたり、また所々にアスランが現れ、ナルニアの真実に少し近づいたかなと思わせる内容なので、小学生中学年でも、読み続けることが出来ると思います

    投稿日:2008/09/27

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ナルニア国ものがたり3 朝びらき丸 東の海へ」のみんなの声を見る

「ナルニア国ものがたり3 朝びらき丸 東の海へ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット