まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ナルニア国ものがたり5 馬と少年」 風の秋桜さんの声

ナルニア国ものがたり5 馬と少年 作:C.S.ルイス
絵:ポーリン・ベインズ
訳:瀬田 貞二
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:1966年
ISBN:9784001150254
評価スコア 4
評価ランキング 25,883
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • ナルニア周辺の様子

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    ナルニア国物語の第5巻になりますが、流れ的には「ライオンと魔女」の次くらいの年代のお話です
    今回は漁師の養子シャスタが物言う馬ブレーと共にナルニア目指して、逃げ出します
    途中カロールメンの計略を知って、シャスタは全力でナルニアを救おうと、奮い立ちますが・・・・
    シャスタ冒険を重ねて成長して行く姿や、時折姿を見せるアスランに次々とページを進めたい衝動に駆られるほど、物語に引き込まれてしまいます
    冒険物が好きな小学生中学年なら読めるかな・・・?
    シリーズを読み進めるとこの物語の壮大さがわかってきて益々、次の巻を読みたくなりますね
    映画のイメージも強いかもしれませんがぜひ原作を、映画が出来る前に読んでみると良いと思います

    投稿日:2008/11/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ナルニア国ものがたり5 馬と少年」のみんなの声を見る

「ナルニア国ものがたり5 馬と少年」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はんぶん タヌキ
    はんぶん タヌキ
    作:長 新太 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これからタヌキが化けますよ! 予告するのはいいけれど、半分どころかほとんど化け残るタヌキのお話


幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット