新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
ぬまの100かいだてのいえ ミニ

ぬまの100かいだてのいえ ミニ(偕成社)

シリーズ最新刊のボードブック発売!

  • ためしよみ

スナッフィーのあかちゃん」 はんぶん×ずっこさんの声

スナッフィーのあかちゃん 作:ディック・ブルーナ
訳:角野 栄子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\660
発行日:1994年09月
ISBN:9784062548601
評価スコア 4.58
評価ランキング 5,549
みんなの声 総数 11
「スナッフィーのあかちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • ミッフィーでおなじみのスナッフィーがおかあさんになるというお話です。「スナッフィーって女の子だったのね。」この絵本を読んで、改めてそう思いました。
    スナッフィーの3匹のあかちゃんが、すくすくと成長していく様子をおって描かれています。
    まだ目の開かないあかちゃんが、おかあさんのおっぱいをたくさん飲んで、そのうち歩けるようになり、目がぱっちりと開くと、もう立派な小犬です。
    うんちを決められた場所でしたり、自分のお皿をもらってご飯を食べたり。小犬の成長はまるで人間のあかちゃんの成長のようです。子どもたちはこの絵本を見ながら、あるときはスナッフィーのお母さんの気持ちになってみたり、あるときは3匹の小犬の気持ちになってみたりといろいろな感じ方をすることでしょう。

    娘には、「スナッフィーの赤ちゃんも上手にご飯が食べれたね。同じように上手に出来るかな?」なんて言いながら読み聞かせをしています。場面・場面を重ねながら読み進めていくと、子どもも自分に重ねて絵本の世界に入り込んでいるみたいです。

    投稿日:2003/06/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「スナッフィーのあかちゃん」のみんなの声を見る

「スナッフィーのあかちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット