話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
ぬまの100かいだてのいえ ミニ

ぬまの100かいだてのいえ ミニ(偕成社)

シリーズ最新刊のボードブック発売!

  • ためしよみ

ロサリンドとこじか」 西の魔女さんの声

ロサリンドとこじか 作・絵:エルサ・ベスコフ
訳:石井 登志子
出版社:フェリシモ出版
税込価格:\1,572
発行日:2001年
ISBN:9784894322509
評価スコア 4.4
評価ランキング 12,745
みんなの声 総数 9
「ロサリンドとこじか」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • ロサリンドの愛は…母の愛に通じますね。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    お部屋のお掃除をしますからって 
    お外で待ちぼうけを食わされているおじいちゃんに
    遊びに来た女の子が
    自分で作ったお話の絵本を書いてもらいます。
    その絵本が この「ロサリンドとこじか」なのです。
    華奢で可憐でかわいいロサリンドのこじか。
    迷い込んだ遠い国の王様に 檻に囲われてしまいますが
    全く食べ物をうけつけません。
    こじかの居場所を知らされたロサリンドはお城に駆けつけ
    菩提樹の花束を差し出します。
    こじかが この花束を美味しそうに食べる場面でホッとします。
    ロサリンドだけを信じ 頼りにするこじかが
    とっても愛おしく感じられました。
    母親が 様々な困難を乗り越えながらも
    子供を守り育てて行くことが出来るのは
    このこじかのように 
    子供に頼りにされているのを肌で感じているからかもしれないな…
    なんて考えたりしました。
    6人の子供を育て上げたベスコフならではの
    【母の愛】を感じる絵本でした。
    ただ…最後の場面が
    「ロサリンドとこじか」のお話で終わってしまって
    おじいちゃんと女の子はどうなったのかわからなかったのが
    ちょっと気になりました☆

    投稿日:2007/02/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ロサリンドとこじか」のみんなの声を見る

「ロサリンドとこじか」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット