話題
ぼく、いいたい ことが あるの

ぼく、いいたい ことが あるの(評論社)

やっと言えた「さようなら」…心を揺さぶる絵本。

  • 泣ける
  • ギフト
  • ためしよみ
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり

やまなしもぎ」 あまたろうさんの声

やまなしもぎ 再話:平野 直
絵:太田 大八
出版社:福音館書店
税込価格:\1,320
発行日:1977年11月
ISBN:9784834007077
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,998
みんなの声 総数 34
  • この絵本のレビューを書く
  • 地味だけどすごい絵本

    • あまたろうさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、男の子7歳

    昔、あるところに、病気のお母さんと3人の兄弟が住んでいました。
    ある日、お母さんから「奥山の山梨が食べたい」と言われた兄弟。
    太郎、二郎、三郎、順に一人ずつ山に出掛けます。
    いや、太郎が帰ってこないので二郎が、二郎も帰ってこないので
    三郎が、という具合にね。

    昔話って、子どもたち、好きですよね。
    その中でも、このおはなしは、わが家の双子が大絶賛!
    文はわかりにくいところもあるし、絵もちょっと怖いけど、なんのその。
    子どもの冒険心をくすぐるのでしょうか。
    加えて、「ゆけっちゃ かさかさ」「ゆくなっちゃ がさがさ」など、
    何度も出てくる音の楽しさもこの本の見どころ聞きどころ。

    文章の中で、「まっかみち」(またにわかれたみち。←注釈あり)と
    「ふくべ」(ひょうたん)の二つだけ、子どもたちに「なに?」と聞かれました。

    描写は怖いけれど実は優しいばあさまと、おどろおどろしい沼の主、
    そして主の腹から出てきた青い顔をした太郎・二郎。
    子どもたちの興味を引いて放さない、一見地味だけれどすごい昔話です。

    お母さん思いの兄弟が、最後に山梨を持ち帰り、ハッピーエンド。
    元気になったお母さんと一緒に働く兄弟の、なんと幸せそうな顔。

    ポプラ社から出ている「なしとりきょうだい」は、またちょっと違うお話でした。
    読み比べてみるのも楽しいですね。

    投稿日:2006/11/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「やまなしもぎ」のみんなの声を見る

「やまなしもぎ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • みみカスいっか
    みみカスいっか
    出版社:ニコモ ニコモの特集ページがあります!
    たっくんは、みみそうじが だいきらい。 そんなあるひ、どこからか こえが きこえてきて・・・・・・。


いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット