新刊
ぬまの100かいだてのいえ ミニ

ぬまの100かいだてのいえ ミニ(偕成社)

シリーズ最新刊のボードブック発売!

  • ためしよみ
話題
ぼく、いいたい ことが あるの

ぼく、いいたい ことが あるの(評論社)

やっと言えた「さようなら」…心を揺さぶる絵本。

  • 泣ける
  • ギフト
  • ためしよみ

いわしくん」 1姫2太郎ママさんの声

いわしくん 作・絵:菅原 たくや
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:1993年
ISBN:9784579403387
評価スコア 4.66
評価ランキング 3,023
みんなの声 総数 40
  • この絵本のレビューを書く
  • 食育って言葉より分かりやすい

    • 1姫2太郎ママさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子16歳、男の子14歳、男の子 6歳

    この絵本のお勧め文を読んだ。新刊ではなかったのにとても惹かれる内容だったのですぐに図書館で検索をし、早速借りてきた。表紙の「いわし」絵もあまり見たことのない魚の正面顔が愛嬌良くこちらを見ている。日本海で生まれた僕、鰯。と自己紹介から始まり、漁によって港へ行き、食卓へ来て、体の一部になるというまさに食育のお話。きっとこの絵本が描かれたときは「食育」なんて叫ばなくても、自然の摂理やいただきますの精神が大人から親から子供達へ伝えられていた時代だったのかと思った。シンプルが何より、と感じた。6歳の息子も、いわしくんの「僕」と鰯を食べた「僕」が一緒に泳ぐシーンは、頭の中でピッタリしっくりしたようで大満足気な顔だった。きっと魚を食べるとき、肉を食べるとき、野菜を食べるとき”いただきます”に気合いが入りそうだ。もっと皆に知ってもらいたい1冊である。

    投稿日:2011/01/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「いわしくん」のみんなの声を見る

「いわしくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット