わたしたちのえほん わたしたちのえほん
文: 南谷 佳世 絵: 大畑 いくの  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
交錯する二つの物語。あなたにとっての「わたしたちのえほん」はなんですか?

いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー」 ミトミさんの声

いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー 作:ジョン・バーニンガム
訳:たにかわ しゅんたろう
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1988年09月
ISBN:9784251005175
評価スコア 4.54
評価ランキング 5,757
みんなの声 総数 67
  • この絵本のレビューを書く
  • 信じる気持ちも大切

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子8歳、男の子0歳

    こんなに長いタイトルの絵本ってあまり見た事がありませんよね。
    思わず目に留まり借りてきました。

    この「ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー」と言う名前が
    何回も何回も出てきます。
    でもお話しにリズム感があって、こんなに長い名前でも嫌にならないで
    読む事ができますよ。
    娘達は呪文のようにこの男の子の名前を唱えていましたよ(笑)

    遅刻した理由は普通に考えたらありえないような事ばかり。
    先生すら信じてくれません。
    でもそこで先生が信じていてくれたら、ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシーの先生への態度も違っていたかもしれませんね。

    もしかしたら、子供が話してくれる「え〜?」と思うような話も
    本当にあった話しなのかも・・・
    これからは子供達のそう言うお話しにも真剣に耳を傾けてあげなきゃ!と考えさせられました。
    だって子供達も私達大人の話を、信じなくなってしまったら困りますからね。

    投稿日:2008/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー」のみんなの声を見る

「いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / バムとケロのさむいあさ / バムとケロのそらのたび / まくらのせんにん そこのあなたの巻 / おじいちゃんがおばけになったわけ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

全ページためしよみ
年齢別絵本セット