もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー」 カプシカムさんの声

いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー 作:ジョン・バーニンガム
訳:たにかわ しゅんたろう
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1988年09月
ISBN:9784251005175
評価スコア 4.54
評価ランキング 5,755
みんなの声 総数 67
  • この絵本のレビューを書く
  • おべんきょうしにみちをいそぐと・・

    • カプシカムさん
    • 40代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子9歳、女の子7歳

    「読み聞かせの会」向きの本を探していて出会いました。
    長い長い名前のジョン君が学校へ行こうとすると「ありえない」ようなアクシデントに見舞われ、いつも遅刻してしまいます。先生はそんなことはありえないと、ジョン君を厳しく罰し続けます。そして最後には、なんと先生の方がありえないはずのアクシデントに見舞われ、ジョン君に助けを求める羽目に・・。しかし、その時すでにジョン君は「ありえないアクシデント」なんて信じない子になっていた・・・。
    絵も、長い名前も、話の展開もとっても楽しいのに、なぜか何度も読むうちに考えさせられました。学校へ行くということは、見えていたものが見えなくなること?子供にとって学校がそんな場所にならないことを祈るばかりです。最後のページの「もっとおべんきょうをしにでかけていった。」という一行に希望の光を見出したいです。

    投稿日:2008/02/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー」のみんなの声を見る

「いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / バムとケロのさむいあさ / バムとケロのそらのたび / まくらのせんにん そこのあなたの巻 / おじいちゃんがおばけになったわけ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

全ページためしよみ
年齢別絵本セット