しろうさちゃんとおねえちゃんの かえりみち しろうさちゃんとおねえちゃんの かえりみち
作・絵: 田島かおり  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
はずかしがりやのしろうさちゃんは、おねえちゃんと一緒に影ふみ遊びをして帰ります。きょうだいのやりとりに心あたたまる絵本。

おにいちゃんだから」 秀のママさんの声

おにいちゃんだから 作・絵:福田 岩緒
出版社:文研出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年09月
ISBN:9784580812734
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,598
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く
  • お兄ちゃんの気持ち・・・

    5才の息子は、1人っ子。だから、なるべくお話の世界だけでも兄弟のことを実感させたくて、私はすすんで読んでいる。たまたま、図書館で表紙を見たとき、息子が手に取ったので、読み聞かせしてみました。

    「お兄ちゃんだから・・・」と必ず、お母さんに言われてしまう、お兄ちゃん。常に弟をサポートする立場にある。
    言わば、お母さん代わり。でも、お兄ちゃん本人は、頼りにされているとは、気づかない。「自分ばっかり、なんて゛いつも・・・」と思ってしまう。
    私には、5才上の兄がいた。でも、母は、
    「妹のくせに・・・」と逆に私をいつも言っていた。
    何か、このお話に出て来る、弟が羨ましいぞと思ったりした。そんなことを息子と話しながら、
    「兄弟がいれば、我慢することも多い。お母さんに愛情を全部ぶつけることも出来ないんだよ」と1人っ子の特権を話したりした。
    自分にも弟がいたら? と思いながら、息子と話したりした。

    投稿日:2004/06/03

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おにいちゃんだから」のみんなの声を見る

「おにいちゃんだから」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はじめてのおつかい / どうぞのいす / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなおおきな おいも / かえるをのんだととさん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット