わたしたちのえほん わたしたちのえほん
文: 南谷 佳世 絵: 大畑 いくの  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
交錯する二つの物語。あなたにとっての「わたしたちのえほん」はなんですか?

クレメンタインの冬じたく」 ムースさんの声

クレメンタインの冬じたく 作・絵:ケイト・スポーン
訳:木坂 涼
出版社:らんか社
本体価格:\1,500+税
発行日:1995年
ISBN:9784883301096
評価スコア 4.45
評価ランキング 9,283
みんなの声 総数 10
「クレメンタインの冬じたく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 着せ替えごっこが楽しめる

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子8歳、女の子3歳

     冬が近づき、おしゃれなネコのクレメンタインは冬じたくを始めます。何を着ようかな…。スパッツ、シャツ、ジャンパースカート、セーター、靴下…、クローゼットの中にはお洋服がたくさん。
     右ページにそれぞれの持ち物が図鑑(?)のように可愛らしく描かれていて、子供といっしょに「しおんちゃんはこれ! ママはこれ!」などと選んで遊べます。水玉、縞模様、花模様、星模様などなどカラフルなお洋服がたくさん。クレメンタインはどれを選ぶのかな。「これ、これ!」と盛り上がって遊んでいたら、隣にいた息子もやってきて「ぼくはこれ!」と参加。ついでに父親の服も選んでくれました。ここで選んだ服を着せた絵を描いても楽しいです。なんとクレメンタインはスパッツ43本、靴下116足、ネックレス50本、ブーツ67足、マフラー28本、帽子36個、手袋126組…(まだまだ、あります!)も持っていて夢のよう…。こんな風にして冬のお洋服を選んだクレメンタインは、暖かくして戸外で雪遊びをするのでした。
     わたしはケイト・スポーンの色鉛筆の画風が大好き。この作品も彼女の素朴な鉛筆タッチがいい味を出しています。女の子向き??と思いきや、息子の楽しみようを見て決め付けてはいけないなと思いました。「ちょっと貸して」と、彼、後で一人絵本をめくっていたので。

    投稿日:2002/11/09

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「クレメンタインの冬じたく」のみんなの声を見る

「クレメンタインの冬じたく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おおきなかぶ / めっきらもっきらどおんどん / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット