オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ぼんぬさん 40代・ママ

売れっ子俳優オオイシさん!
大きな石のオオイシさんは、すもう部屋で…

ババールとサンタクロース」 ムースさんの声

ババールとサンタクロース 作・絵:ジャン・ド・ブリュノフ
訳:やがわ すみこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1975年
ISBN:9784566000049
評価スコア 4.47
評価ランキング 8,907
みんなの声 総数 16
「ババールとサンタクロース」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 爆笑ありのサンタクロース探し

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子9歳、女の子4歳

     この作品『BARBAR AND THE FATHER CHRISTMAS(BABAR ET LE PERE NOEL)』との出会いは、息子が3歳のときにパペット・シアターで見た人形劇が最初でした。以来、日本語でも読んでみたいなあと思っていて、やっと今年のクリスマスに実現できました。人形劇の方はとてもよくできていて、毎年『くるみ割り人形』かこの『ババールとサンタクロース』が当地の子どものクリスマス風物詩のひとつに数えられているほど。わたしも満喫したのを覚えていますが、絵本の方も息子と涙を流して笑うページがあり楽しかったです。ババールシリーズの中では一番おもしろい、と家ではかなり高い評価になっています。
     お話は、ぞうの国にもサンタクロースに来て欲しいと願うババールがサンタクロースを探しに行くというもの。その道中のエピソードが笑えます。特にねずみが小さなサンタクロースのお人形と遊ぶというところ。あとサンタクロースに似たおじいさんの名前。ねずみの場面は何度も何度も息子から「もう一度ここ読んで」とリクエスト。ねずみらしい声で読み、大笑いでした。サンタクロース人形が(イラストが切れてしまっているけれど)最後に再登場するのもかわいかったです。
     ババールやサンタさんのおとぼけの表情が好きです。お話はちょっと長め。就学前後のお子さんから。

    投稿日:2003/12/17

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ババールとサンタクロース」のみんなの声を見る

「ババールとサンタクロース」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット