ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ

アンジュール ある犬の物語」 ヒラP21さんの声

アンジュール ある犬の物語 作:ガブリエル・バンサン
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:1986年05月
ISBN:9784892389573
評価スコア 4.56
評価ランキング 6,120
みんなの声 総数 62
  • この絵本のレビューを書く
  • ある一日

    ある一日。
    「アンジュール」が犬の名前ではないことに、この本のとても大きな重さを感じました。
    ある日、一匹の犬が車から放り出されました。
    車が去っていきます。
    犬は必死で追いかけます。
    衝撃的な出だしですが、車に乗っていた家族にも理由がありそうです。
    引っ越していくのでしょうか?
    引っ越し先では犬を飼うことはできないのでしょうか?
    犬が見送る車の遠景。
    放浪が始まります。
    でも、何度も読み返すうちに、犬って孤独を知っているのだろうかと思い始めました。
    人恋しさ、家恋しさが本当かもしれません。
    だからさすらうのです。
    車の往来に飛び出して、大事故が起こります。
    犬にとっては、車は自分をドライブに連れて行ってくれる愛着のあるものだったのです。
    何が起こったのかは分からないけれど、自分がとどまる場所ではなさそうです。
    人を求めてさまよう犬。
    飼い主から見放された犬は、他人からすると疎ましい生き物でもあります。
    そして、やっと自分を受け入れてくれる人に出会いました。
    この人物が決して幸せそうに見えないことが気がかりです。

    バンサンは、荒々しいデッサンをまとめてこの犬の「ある一日」を描きました。
    言葉がないので、取り方感じ方はいろいろでしょう。
    象徴的な出来事がちりばめられています。
    白地に木炭の黒だけで描かれた犬。
    わずかな黒でとても奥行きのある風景と心象を描いています。
    かみしめるほどに味わいのある作品です。

    投稿日:2011/10/18

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「アンジュール ある犬の物語」のみんなの声を見る

「アンジュール ある犬の物語」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おおきなかぶ ロシアの昔話 / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
    出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    全席ファーストクラスのハトの飛行機でクリスマスパーティーへ!!プレゼントにおすすめの乗りもの絵本です


人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(62人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット