まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

アンジュール ある犬の物語」 ぼのさんの声

アンジュール ある犬の物語 作:ガブリエル・バンサン
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1986年05月
ISBN:9784892389573
評価スコア 4.55
評価ランキング 5,558
みんなの声 総数 61
  • この絵本のレビューを書く
  • 子どもにはショックだったようです

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳

    この作者に出会ったのは、10年くらい前でしょうか?!
    2つ下の妹から誕生日にプレゼントされた「マリオネット」という絵本でした。
    やはり、まったく文字のないデッサン画で、少年とマリオネットと人形遣いのおじいさんとの交流が描かれていて、こんな大人のための絵本もあるのかあ?!と衝撃を受けたのを覚えています。

    さて、この「アンジュール」も、古本屋にしては高かったけれど(大人のための絵本だからしょうがないかな?)見つけた時迷わずGETし、今までも時々ひそかに眺めていた、私のための絵本です。

    感想を書くにあたり、初めて子どもたちに読んでみました。(といっても文字はないのですが。)どんな反応をするかなあ?と・・・。
    やはり、最初のシーンにショックを受けたようです。
    「どうして?!飼ってたんでしょ?!」
    この犬=アンジュールがどうなってしまうのか?くいいるように見ていました。最後はホッとしたようですが、どうしても最初のショックが忘れられないというか、すっきりしないという表情をしていました。
    感想を聞くと、「かわいそう。」とひとこと。
    「でも、最後はよかったでしょ?」と聞くと、うんと頷いてはいましたが・・・。

    だから、評価は迷います。私自身は五つ星をつけたいところですが、子どもにとってという観点からすると、四つ星にしておきます。

    投稿日:2004/12/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「アンジュール ある犬の物語」のみんなの声を見る

「アンジュール ある犬の物語」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • いちねんせいのいちにち
    いちねんせいのいちにちの試し読みができます!
    いちねんせいのいちにち
    作:おか しゅうぞう 絵:ふじた ひおこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    小学校ってどんなところ?毎日どんなことするのかな? 新一年生とご家族が安心できると好評のガイド絵本。


ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット