わたしたちのえほん わたしたちのえほん
文: 南谷 佳世 絵: 大畑 いくの  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
交錯する二つの物語。あなたにとっての「わたしたちのえほん」はなんですか?

ダンプえんちょうやっつけた」 ともさん。さんの声

ダンプえんちょうやっつけた 作:ふるた たるひ たばた せいいち
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1978年04月
ISBN:9784494006076
評価スコア 4.78
評価ランキング 462
みんなの声 総数 58
  • この絵本のレビューを書く
  • なにもかも・・・

    なにもかもが当たり前で何もかもが新鮮だった。
    みんなこんな風に伸びやかにゆるやかに子ども時代を満喫していた。
    そして、我が子にもこんな風に・・・と思いながら子どもの環境を思う。

    正直、登場する子どもたちに「昔の時代」を感じなかった。
    私が今連日子どもを連れて遊びに行く場所の空気感が、絵本のなかにあったせいかもしれない。

    この絵本の中で子どもたちは空想を膨らませ、自然を巻き込み遊んでいる。既成の遊具がなくても遊べる、子どもの力ってすごいよ〜そう思わずにはいられない。
    だからこそ、園庭のない保育園とゆう環境が際立って感じる。

    ダンプえんちょうのすごさはパワフルなだけではなくて、子どもたちがルールを決め、子どもたちが主体で遊びこんでいくのを誘導したり、強制したり、なにより邪魔しないこと。
    一緒に遊ぶ。
    遊びながら大人として、そっと見守っている。

    子どもたちの海賊ごっこが、この絵本のほとんどをしめているように
    子どもの一日は「思い切り遊びこむこと」「思い切り楽しむこと」で満たされることが理想のように思う。

    さて今日も夕日が沈み寒くてお腹がすくまで、思い切り遊んできます!!

    大切なことを再認識しました。
    すっかり著者のお二人のファンです。

    投稿日:2011/02/04

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ダンプえんちょうやっつけた」のみんなの声を見る

「ダンプえんちょうやっつけた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / いないいないばあ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『ちかてつ もぐらごう』大森裕子さんインタビュー

みんなの声(58人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット