わたしたちのえほん わたしたちのえほん
文: 南谷 佳世 絵: 大畑 いくの  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
交錯する二つの物語。あなたにとっての「わたしたちのえほん」はなんですか?

へびのクリクター」 ベランダガーデンさんの声

へびのクリクター 作・絵:トミー・ウンゲラー
訳:中野 完二
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1974年03月
ISBN:9784579400997
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,226
みんなの声 総数 61
  • この絵本のレビューを書く
  • へびと散歩

    素敵な雰囲気をもつボドさんが、息子からもらった贈り物はヘビでした。毒がないへびか調べて一緒に暮らすことになります。娘が四歳のとき図書館で借りて読み聴かせしました。絵が楽しいです。どろぼうが来て、ヘビがとりおさえるシーンがあるのですが、一番気になった部分だったようです。自分の家に泥棒がこないか怖がったり、泥棒はどうやってはいってくるかとか色々聞いてきました。最後に泥棒をつかまえた功績をたたえてもらえるのですが、そういった細かいところを理解するのは、自分が表彰をされる経験をしてからなのかな、と思いました。

    投稿日:2006/03/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「へびのクリクター」のみんなの声を見る

「へびのクリクター」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット